港南区にある外壁塗装会社「株式会社サクセスストーリー」の屋根塗装プランページです。

サクセスストーリー

PAINTING

屋根塗装

屋根の寿命を延ばすコツ



屋根の寿命を延ばすためには、定期的なメンテナンスを繰り返し行うことが必要不可欠です。しかし、屋根材の種類や使用される塗料や立地環境によってもその時期は異なり、適切なメンテナンスの方法も違ってきます。
ここでは、屋根の種類別の耐用年数と適切なメンテナンス方法について紹介しています。
ご自宅の屋根の種類を確認して、しかるべき時期にメンテナンスを実行してください。

屋根塗装

屋根材の耐用年数

屋根材別の耐用年数

屋根の種類別の耐用年数は、あくまでも屋根の寿命となる耐用年数です。

■ トタン(鉄板)屋根 15〜20年
■ 日本瓦屋根 50〜80年
■ セメント系瓦屋根 30〜40年
■ スレート系瓦屋根 20〜25年
■ ガルバリウム鋼板屋根 40〜50年


耐用年数が過ぎた後で屋根塗装を実行しても、塗料がすぐに剥離するなどの不具合が起きる可能性が極めて高くなります。
一般的には10〜15年が、屋根のメンテナンス時期とされていて、繰り返し屋根塗装を行うことで、種類問わずに屋根の寿命を延ばすことができます。
メンテナンスを怠ると、屋根の寿命を迎える前に、屋根の葺き替え工事が必要になってしまうこともありますので、そうなるとこまめに繰り返し塗装工事を行うよりも、大きな負担を強いられてしまいます。

料金プラン

ファインUVベスト

水性シリコンベストU

パーフェクトベスト

ファイン4Fベスト

PageTop